ページの先頭です

補助金制度+買取制度について

  • ホーム
  • >>補助金制度+買取制度について

太陽光発電システム設置にあたり、地方自治体から補助金が支給されます。

武蔵野市では毎年、補助金が支給されています。

平成27年4月1日より余剰電力の買い取り価格が変更になりました。

余った電力は電力会社へ売れる

太陽光発電システムで発電した電力を、ご家庭内で使用しきれなかった場合は、余剰電力として電力会社が買い取ります。
また28年4月より、1kwhあたり31円で買い取ります。
それ以降の買い取り価格は、今後決定しますが年々下がると言われていますので、早く設置することをお勧めします。

再エネルギー発電賦課金

平成28年4月より余剰電力買い取り価格1kwhあたり31円(住宅用)になり、この買い取りに要した費用は、電気利用の方々に太陽光発電促進付加金としてご負担していただくことになっています。

電気料金 = 基本料金 + 電力量料金 + 太陽光発電促進付金

再生可能エネルギーの固定価格買取制度についてはこちら→http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/kaitori/kakaku.html

無料お見積もりフォームへ