ページの先頭です

オール電化ってなに?

オール電化とは?

オール電化とは、ご家庭内のエネルギーを電気でまかないます。火を一切使わない生活を意味しますので、ガスコンロをIHクッキングヒーターへ交換して、ガス給湯器をエコキュートへ交換するだけです。難しいと思いがちですが意外と簡単に設置できて、今までと変わらない生活ができます。それでは、個々の特徴とメリットについて説明いたします。

オール電化にするメリット

スマートプラン

東京電力の料金メニュー「スマートライフプラン」を組むことができます。
時間帯を2つに区分し、午前1時から午前6時までの時間帯の料金を割安に設定しました。従来の「電化上手」に比べて時間帯の設定をシンプルにしたプランです。エコキュートなどの夜間蓄熱式機器(総容量1kVA以上※)をご使用で、キッチンや空調も電気という方におすすめします。

電気料金グラフ

ガス基本料の削減

ガスでまかなっていたコンロ、給湯をオール電化にすることによりガス契約が不要となります。解約することにより毎月の基本料金が削減されます。

安心・安全

火を使用しませんので、ガス漏れや不完全燃焼による一酸化炭素の発生がなくなり安全、安心です。

エコキュートの特徴

電気給機イメージ

エコキュートとは愛称で、自然冷媒(CO2)ヒートポンプ式電気給湯機が正式名称です。空気の熱を利用してお湯を沸かしますので、ヒーターを使ってお湯を沸かす電気温水器とは別物です。これで家全体の給湯(お風呂も含む)をまかなうのです。また、従来の燃焼型給湯器と比べて約50%のCO2を削減し光熱費も大幅に削減します。

エコキュートのメリット

圧倒的に安くなるランニングコスト

エコキュートを設置すると1ケ月あたりのランニングコストは、各ご家庭のライフスタイルによって異なりますが、一般的に給湯のコストが「1,000円程度」といわれており、都市ガス利用時より5分の1程度に下がるといわれています。これは、上記に記載した料金メニュー「電化上手」の安い深夜電力を利用して翌日使用するお湯を沸かしていることも大きな理由の一つです。

CO2が排出されない

自然冷媒CO2を採用していますので、ご家庭でのCO2排出はありません。オゾン層破壊係数は0です。温暖化防止に貢献します。

地震などの災害時に役立つ

地震などの災害時には、タンクに貯まっているお湯を生活用水として使用できます。

IHクッキングヒーターの特徴

クッキングヒーター

磁力線の働きで鍋やフライパンそのものを発熱させます。トロ火から強火まで簡単に操作でき、熱効率が高いので経済的です。最近は周波数帯を上げることにより銅やアルミ鍋にも対応するオールメタル対応機種が登場しています。

IHクッキングヒーターのメリット

安心・安全

料理イメージ

火を使用しないので、吹きこぼれにより炎が消えてしまうことがなくなります。消し忘れても時間が経つと自動でスイッチをOFFにするので安心です。油を使った天ぷらなど怖くなくなります。また、空焚き防止機能も備えてあるので安全です。

余談ですが、火を使用しないのでお子さんやお孫さんと一緒に料理する機会が増えているようです。ご家族のコミュニケーションに繋がることはとても嬉しいことです。

トロ火が得意

煮物など長い時間ゆっくり調理するなら、タイマーをセットすれば長時間のトロ火が自由自在です。忘れて鍋を焦がすことがなくなります。

キッチンの空気がきれい

火を使用しないので、キッチン周りの空気がきれいです。また、室温、放射熱を抑えられ夏場は助かります。

お手入れが簡単

平らなトッププレート構造なので、汚しても簡単に掃除ができます。

とても便利な両面焼き

ロースターは両面焼きができるので、魚をひっくり返す必要がありません。

無料お見積もりフォームへ